「mixi、フェイスブック、楽天ブログ、はてなブログ」SNSやブログを使って見て思うこと

日々色んなサービスが生まれては消えていくネットの世界ですが大学のころに使ってたネットサービスの思い出を少し話してみたいと思います。mixiをやってたことはもはや自分の中では黒歴史に近いです。

mixiはやったことある人なら覚えていると思いますが色んな炎上トラブルとかがありました。結局現実の人間関係に近いネットサービスなのでなにかのコミュニティ繋がりで知らない人と知り合ったとしてもそれはきっかけでしかなく、出会った人とも意見の相違やトラブルとかで結局疎遠になったりして痛い目にあったことが何度かありました。

それ以来もうmixiには目をそむけてログインもしていません。フェイスブックが流行りはじめましたがどのみちmixiと似たようなものなんだろうとおもってフェイスブックはいくら流行っててもやる気が起こらずじまいです。あと昔は楽天ブログをメインでやっていました。

当時はブログサービスの違いがよくわかってなかったのでなんとなく楽天でブログをやっていましたが、楽天は自分のブログ経由で誰かが買い物をするとアフィリエイトポイントがつく仕組みになっていました。あるとき誰かが自分のブログ経由で10万円ぐらいの家具を買って1000円くらいポイントがついていたのでビックリしたものです。

しかし楽天はアクセス解析をつけようとしても運営が検索フレーズをわからないような設定にしてるからどんな検索フレーズで自分のブログにきたのかはわからないようになっていました。どんな検索フレーズでやってくるのかというのはブログをする側にとっては重要な情報なので、それを知ってれば楽天でブログやることもなかったのではないかと少し思いました。

現在は色々変遷を経てはてなブログに落ち着いています。今はDeNAが運営するWELQのパクリが大問題になっていますよね。キューレーションサイトは新聞の切り抜きと同じなので、オリジナリティなんてゼロです。流行り廃りが激しいネットサービスの世界ですがまた面白いサービスが生まれて欲しいものです。

保存